地域のニーズを掘り起こすグループワーク

みたか社協では第6期地域福祉活動計画策定に向けて、各部会で地域の福祉課題を集めるグループワークを実施しています。

7月4日(水)午後1時30分から第2回地域支援部会でグループワークを実施。

「ネットワーク・コーディネート」、「助け合い・支え合い」、「介護予防・高齢者の生きがいづくり」、「子育て支援」をキーワードに地域にある課題を2グループに分かれて話し合いました。

「子どもの下校時にもうちょっと見守りがあるといいんだけど。」

「ご近所づきあいがないよね。」

課題を解決するための方法をみなさんで話し合い模造紙にまとめて発表。

「夕方の立ち寄りサロン、ニーズがあるかも!」

「男性が活躍できるといいわね。」

各部会で出た課題や解決策は第6期計画のベースになります。「社協らしい」計画になるように、引き続きみなさんから意見やアイディアをいただきたいと思います。

 

今年は地域福祉活動計画の策定の年です

社会福祉協議会が市民、法人、企業、グループ等の方々とつくる「地域福祉活動計画」というものをご存じですか?
みたか社協でも現在地域福祉活動計画Ⅴを基に、地域活動を推進しています。
その計画期間が今年度で終了し、来年度からは新たな計画が始まります。
その新しい計画「地域福祉活動計画Ⅵ」を策定するための準備が進んでいます。

先日、策定の基盤となる策定委員会が開催され、策定委員長にルーテル学院大学学長の市川先生、そして作業員長に同じくルーテル学院大学の高山先生と決まりました。そして、策定の方針等について検討をしました。

今後は地域の団体から選出された委員で成り立っている部会内で地域の課題を吸い上げ、これまでの計画の進捗・反省を踏まえ、計画の内容を作業委員会で検討していきます。

三鷹で新たな居場所が立ち上がりました

6月9日(土)上連雀1丁目で新たな居場所が立ち上がりました。
昨年度のファシリテーター養成講座受講生が企画運営している居場所。

その名も「一汁一菜カフェ🍙」
具たくさんお味噌汁とおにぎりを準備し、高齢者からお子さんまでどなたでも気軽に来れるカフェを企画しました。
当日はオープン11時から多くの方にお越し頂きました。
0歳の赤ちゃん、小学生、高齢者の方々が同じ場所で食事し、交流が生まれておりとても良い雰囲気でした。

今後も月1回ペースで開催していく予定です。
上連雀1丁目の地域に根付いた活動になるよう、支援させていただきます。

介護者日帰りリフレッシュ旅行に行ってきました!

5月29日(火)、介護者日帰りリフレッシュ旅行に行ってきました。

日ごろの介護から離れて、介護者がリフレッシュする目的で毎年1度この時期に開催しています。

今回は横浜方面に行き、三渓園や中華街を散策し、シーバスに乗って遊覧してきました。

天候に恵まれ、暑すぎず、横浜の風を感じてきました。

介護をしていると他の介護している皆さんはどうしているのだろうという疑問が出てきたり、情報がほしいと感じられることもあると思います。このような旅行に参加し、介護者のつながりを作るきっかけにしていただければうれしいです。

介護者同士が話したり情報交換する場である「介護者談話室」「介護者ひろば」を毎月開催しています。チラシはこちら介護者談話室チラシ(H30_4)1ub

 

笑いあふれる「のがわの家」

5月22日(火)はのがわの家で「江戸小噺笑い広げ鯛」の皆さんに来ていただき「のがわ寄席」を開催し、小噺を披露してもらいました。

6名の噺家の皆さんによる軽快な小噺で大きな笑いに包まれました。

のがわの家は、地域の交流の場として毎週火曜日の10時~14時にオープンしています。是非、お立ち寄り下さい。

大沢コミュニティ祭で『ほのぼのネット』をPR!

5月19日(土)、20(日)に開催された第43回コミュニティ祭に参加し、大沢で活動しているほのぼのネット班のPRを行いました。

大沢地区では、大沢わかば班(大沢1・2丁目)、のがわ班(大沢3・6丁目)、大沢班(大沢4・5丁目)が活動していて、ほのぼのネット員が手作りしたPR用の模造紙で活動内容を紹介しました。

ほのぼのネットのブースの前で多くの方が立ち止り、ネット員の話に耳を傾けて下さいました。

ほのぼのネット活動について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

第22回 福祉映画会「みんなの学校」を開催しました!

平成29年3月4日(日)に三鷹市公会堂光のホールで「みんなの学校」を上映しました。

福祉映画会は、福祉の啓発活動の一環として、みたかボランティアセンターとボランティア活動をしているボランティアグループ等で構成する「三鷹市ボランティア連絡協議会」の皆さんと一緒に開催しました。

当日は、子ども連れの親子からご高齢の方までたくさんの方の参加がありました。

ボランティア活動に興味がある方は、ボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。

 

ほのぼのネット下連ひまわり班「あじさい会」

2月28日(水)、ほのぼのネット下連ひまわり班(下連雀5・6・8丁目エリア)が下連雀6丁目アパート集会所で、地域の高齢者をお招きしてのお茶会「あじさい会」を開催しました。

あじさい会は偶数月の第4水曜日の午後に開催しています。折り紙を折ったり簡単な身体ほぐしをしたりしながら、毎回皆で楽しくおしゃべりしています。

この日は折り紙を組み合わせた箱を作って脳トレをした後、

ツクイ三鷹の職員の方にセラバンドを使った体操を教えてもらい、頭と体を充分にほぐせた1日になりました😊

ほのぼのネット活動について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

介護者のランチ会を開催しました!

2月27日(火)介護者談話室ランチ会を開催しました。

会場は「季寄せ蕎麦柏や」さんです。

家族を介護している方や介護経験者がランチを食べながら懇談する会で、35名の方にご参加いただきました。

‘家族の介護’という共通の立場におかれているからこそ、分かりあえることがあります。介護についての話はもちろん、その他色々な情報交換ができます。

みたか社協では、家族介護者の交流の場として「介護者談話室」「介護者ひろば」を開催しています。ぜひご参加ください。

 

 

男性介護者ミニランチ会を開催しました!

12月2日(土)男性介護者ミニランチ会を開催しました。

 

みたか社協では、家族を介護している介護者同士が懇談したり、情報交換できる場を提供しています。

 

今回は、男性同士気軽に懇談できればというご希望から、男性だけのミニランチ会を「ハーモニーガーデン」で開催しました。

 

同じ経験をしたことがある方の「うちはこうしたらなかなかよかった。」という話が、現在介護中の方には参考になることもあります。

 

男性介護者交流会は年に4回(3月6月9月12月)、第1土曜日13時から15時に開催しています。次回は3月3日、場所は元気創造プラザ3階になります。

ぜひお越しください。