地域のニーズを掘り起こすグループワーク

みたか社協では第6期地域福祉活動計画策定に向けて、各部会で地域の福祉課題を集めるグループワークを実施しています。

7月4日(水)午後1時30分から第2回地域支援部会でグループワークを実施。

「ネットワーク・コーディネート」、「助け合い・支え合い」、「介護予防・高齢者の生きがいづくり」、「子育て支援」をキーワードに地域にある課題を2グループに分かれて話し合いました。

「子どもの下校時にもうちょっと見守りがあるといいんだけど。」

「ご近所づきあいがないよね。」

課題を解決するための方法をみなさんで話し合い模造紙にまとめて発表。

「夕方の立ち寄りサロン、ニーズがあるかも!」

「男性が活躍できるといいわね。」

各部会で出た課題や解決策は第6期計画のベースになります。「社協らしい」計画になるように、引き続きみなさんから意見やアイディアをいただきたいと思います。