ワークショップ「地域で紙芝居をしてみよう」開催しました

令和元年6月28日金曜日、三鷹駅前コミュニティーセンターにおいてワークショップ「地域で紙芝居をしてみよう」を開催いたしました。

成年後見紙芝居「もう一度笑顔になりたい」を作成した、地域で後見人として活動する稲岡司法書士と紙芝居使のせんべいさんから、制作主旨や紙芝居の特徴、心構えなど聞いた後に、参加者皆で実演。今後、地域でやってみたいと多くの感想をいただきました。

成年後見紙芝居を聞いてみたい、やってみたいと思われる方、ぜひ権利擁護センターみたかまでご連絡ください。

 

 

 

 

 

〇権利擁護センターみたか 電話:46-1203

「フードバンクみたか」設立総会を行いました。

6月29日(土)みたかボランティアセンターで「フードバンクみたか」が設立総会を行い無事任意団体として設立いたしました。
総会後に早速設立報告懇親懇談会を開催し、関係機関、近隣のフードバンクの方々にこれまでの経過、今後の活動計画をお伝えしました。
今年度は市内のイベントでフードドライブの実施、活動啓発のための講座を行い、「フードバンクみたか」への協力者、団体を増やしていきたいと考えております。

多くの方々にお越しいただき、これからの「フードバンクみたか」の活動について理解と協力をお願いいたしました。

企業、ご家庭で余っている食品がございましたら下記へご連絡ください。
よろしくお願いいたします。


問合せ フードバンクみたか

TEL 080-5545-1169 下記活動日の時間のみ対応
mail  foodbankmitaka@gmai.com
Facebook  「フードバンクみたか」で検索!

事務所開所日  月・木 午前10時~午後4時/ 土 午前10時~正午

親族後見人のつどいを開催いたしました

令和元年6月11日火曜日、三鷹駅前コミュニティーセンターにおきまして「親族後見人のつどい」を開催いたしました。

 

司法書士の稲岡先生をお招きし、「監督人との付き合い方~権限と役割について~」と題しましてご講義いただいた後、実際に後見人を受任している方との情報交換を行いました。
ご自身の体験談を具体的にお話しいただいたことで、ほかの参加者の方からも「気になっていたことが聞けて良かった」「いろいろな(監督人との)関係があることが分かって驚いた」などの感想をいただきました。
権利擁護センターみたかでは今後も親族で後見人につかれている方への情報提供や支援を行ってまいります。今年度第2回目の「親族後見人のつどい」も12月に開催を予定しておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

権利擁護センターみたか 電話:46-1203

『みたか まるっと マルシェ』を開催しました!

4月20日(土)に下連雀7丁目のJCBカードセンターで第12回みたか福祉施設自主製品フェスタ『みたか まるっと マルシェ』を開催しました。

昨年までは『菓子フェス+(プラス)』という名称で開催していましたが、今年からネーミングを変更しています。

当日は、ぴゅあネット事業に参加している12施設が出店し、施設で作っている焼き菓子やパン、陶器やアクセサリーなどの自主製品の販売を行いました。

ぴゅあネット事業は、三鷹市内の障がい者施設が利用者の勤労意欲の向上と工賃アップを目標に、自主製品の開発や販売、イベントの企画などを行っています。下連雀3丁目(駅前コミセンから東へ徒歩3分)にある星と風のカフェでは、アンテナショップとして施設で作られた商品を販売しています。

移乗介助のヘルパー研修

2月14日(木)午後6時から、訪問介護事業所のヘルパー研修を実施しました。

今回の研修テーマは「移動・移乗の実技」です。東京リハビリ訪問看護ステーションの理学療法士のお二人から講義の後、介助実習を全員が行いました。

ベッドから車いすへ移乗する介助。ベッドの高さを的確に調整することで介助を受ける方が立ち上がりやすくなることを改めて学びました。

車いすから立ち上がる介助。ヘルパーの体の使い方、介助を受ける方の手の位置など細かい点まで教えていただきました。

「ヘルパーを派遣してほしい」、「介護保険を使いたい」等の介護相談は在宅サービス係へご連絡下さい。

電話:0422-79-3505または3509

フードドライブ実施しました!!

32日(土)公会堂光のホール正面入り口付近で「フードバンクみたか」によるはじめてのフードドライブを実施しました。


当日は晴天に恵まれましたが、実施場所が日陰だったので、ホッカイロを握りしめながらの開催となりました。初めての実施でしたが、
 77件、122.8㎏ にも及ぶ食料品を市民の方々から提供いただきました。当日足を運んでくださった皆様。本当にありがとうございました。

皆様からお寄せいただきました食料品は三鷹市内相談機関を通じて食にお困りの家庭に提供させていただきました。
「フードバンクみたか」立ち上げに向けてこれからも様々な取り組みを行っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

次回のフードドライブは
420日(土) みたか【まるっと】マルシェ
※雨天中止
(JCBカードセンターエントランス入り口 下連雀7-5-14)での実施を予定しております。時間等詳細はまたご案内いたします。

『地域福祉活動計画Ⅵ』策定、順調です!

社会福祉協議会が市民、法人、企業、グループ等の方々とつくる「地域福祉活動計画」というものをご存じですか?
みたか社協でも現在地域福祉活動計画Ⅴを基に、地域活動を推進しています。
その計画期間が今年度で終了し、来年度からは新たな計画が始まります。今年度初めから準備してきた「地域福祉活動計画Ⅵ」ですが、作業はいよいよ大詰め!
約1年にわたって、市民や関係機関の皆さんにご参加いただいて開催してきた部会で、三鷹がこんな風になったらいいな、というご意見をいただき、それを文章にしてきました。

これをルーテル学院大学の高山先生と市民の皆さん、職員からなる作業委員会で、何か抜けていないか、伝わりづらい箇所はないか確認します。
今後は、この原稿を策定委員会で最終確認を行い、計画冊子の形にしていきます。

三鷹市・矢吹町災害時ボランティアセンター交流会

1月27日(日)に矢吹町災害ボランティアネットワークセンターとの交流会を

開催しました。

 

 

 

 

 

 

当日は、矢吹町災害時ボランティアネットワークセンターと三鷹市社会福祉協議会、双方の活動報告や取り組み等の情報交換を行い、その後3グループに分かれてグループトークをしました。

 

約8年前の東日本大震災が発生した時の体験についても、詳しくお話を頂きました。

矢吹町では、東日本大震災が発生する約半年前に、災害ボランティアの受付やマッチング、送り出し等を実践的な訓練をしていたこともあり、訓練で使用した資料をそのまま活用できたとのこと。また、東日本大震災での経験を活かし、その後の災害で被災した地域の支援に取り組んでいました。

平常時から実践的・具体的な備えが重要であることを、交流会を通じて教えて頂きました。

今後も、『顔が見える』関係であり続けることができるよう、交流を続けていきます。